スケーリングビットコインワークショップ

スケーリングビットコイン2015フェーズ Ⅱ-12月6日~7日中国、香港特別行政区
エンジニアリングコミュニティ / 学術界向け•展示ブースなし• 技術的議論にフォーカス

スポンサー

プラチナ

シルバー

ブロンズ

ローカルサポート組織

ワークショップスポンサーシップ

Sponsorship is now closed.

旅費の援助

Travel subsidy is no longer available. The event has been sold out.

If you have applied for travel subsidy, you will be notified before undefined.

技術提案の募集

The current Scaling Bitcoin Workshop will take place 12月 6日-7日 at the Hong Kong Cyberport Function Rooms, 3/F., Core E, Cyberport 3 100 Cyberport Road, Hong Kong Tel: (852) 3166 3800 Fax: (852) 3166 3118 . We are accepting technical proposals for improving Bitcoin performance including designs, experimental results, and comparisons against other proposals. The goals are twofold: 1) to present potential solutions to scalability challenges while identifying key areas for further research and 2) to provide a venue where researchers, developers, and miners can communicate about Bitcoin development.

We are accepting two types of proposals: one in which accepted authors will have an opportunity to give a 20-30 minute presentation at the workshop, and another where accepted authors can run an hour-long interactive workshop.

Topics of interest include:

  • ビットコインのスループットの改善
  • レイヤー2のアイデア(ペイメントチャネルなど)
  • セキュリティとプライバシー
  • インセンティブと手数料の体系
  • Testing, simulation, and modeling
  • ネットワーク障害への対応
  • スパム対策
  • ブロックサイズの提案
  • Mining concerns
  • Community coordination

これらは、すべてビットコインのスケーラビリティに関連しています。

重要な日付:

  • 2018年6月30日(UTC 23:59)- 技術提案の締め切り日
  • 2018年8月15日(UTC 23:59)- 査読結果およびフィードバック通知の最終日

フォーマッティング

We are doing rolling acceptance, so submit your proposal as soon as you can. Proposals may be submitted as a BIP or as a 1-2 page extended abstract describing ideas, designs, and expected experimental results. Indicate in the proposal whether you are interested in speaking, running an interactive workshop, or both. If you are interested in running an interactive workshop, please include an agenda.

Proposals should be submitted to proposals@scalingbitcoin.org by undefined.

All talks will be livestreamed and published online, including slide decks.

ワークショップの概要

ここ数ヶ月、ビットコイン開発者達は、ビットコイン・ネットワークのスケーラビリティと分散化特性を安全に改善する方法に関し困難な議論に直面しています。技術的な合意形成プロセスを支援するため、私達は技術的基準を収集し、提案を行い、分散化・ユーティリティ・セキュリティおよび実際のオペレーションとの間の複雑なトレードオフを十分に考慮した学術的規律と分析を備えた技術資料とデータを評価するためのワークショップを組織しています。これは、パフォーマンスとセキュリティがセキュリティ上重要なアプリケーションに対しトレードオフの関係にあったNIST-SHA3 設計プロセスの目的およびプロセスと同様であると考えられるかもしれません。

ビットコインは多くの利害関係者がいるP2P通貨であるため、可能な限り幅広い要件を収集し、そのプロセスを通じてビットコインの技術的特性に関する関係者の理解を深め、包括的かつ透過的なインフォームドプロセスを促進することが重要です。

技術的に関心のある方は、次の目的でこれらのワークショップに参加するようお勧めします。

Phase 1

Scene setting, evaluation criteria and tradeoff analysis.

Montreal, Canada: September 12th-13th, 2015

Scalability is not a single parameter; there are many opportunities to make the Bitcoin protocol more efficient and better able to service the needs of its growing userbase. Each approach to further scaling the Bitcoin blockchain involves implicit trade offs of desired properties of the whole system. As a community we need to raise awareness of the complex and subtle issues involved, facilitate deeper research and testing of existing proposals, and motivate future work in this area.

The purpose of this workshop is to discuss the general tradeoffs and requirements of any proposal to scale Bitcoin beyond its present limits. Session topics are to include the presentation of experimental data relating to known bottlenecks of Bitcoin’s continued growth and analysis of implicit tradeoffs involved in general strategies for enabling future growth.

This event will not host sessions on the topic of any specific proposals involving changes to the Bitcoin protocol. Such proposals would be the topic of a 2nd, follow-on Phase 2 workshop described below; this event is intended to “set the stage” for work on and evaluation of specific proposals in the time between the workshops.

Phase 2 will be planned out further as part of Phase 1 with input from the participants.

Phase 2

Presentation and review of technical proposals, with simulation, benchmark results.

Hong Kong, SAR, China: December 6th-7th, 2015

Hopefully to be easier for the Chinese miners to attend, the second workshop pertaining to actual block size proposals will be in Hong Kong this December.

The purpose of this workshop is to present and review actual proposals for scaling Bitcoin against the requirements gathered in Phase 1. Multiple competing proposals will be presented, with experimental data, and compared against each other. The goal is to raise awareness of scalability issues and build a pathway toward consensus for increasing Bitcoin’s transaction processing capacity or, barring that, identify key areas of further required research and next steps for moving forward.

Preliminarily, phase 2 will be a time to share results from experiments performed as a result of phase 1 and an opportunity to discuss new developments.

ワークショップはどのように運営されますか?

  • Both events will be live-streamed with remote participation facilitated via IRC for parallel online discussion and passing questions to the event.
  • これらのワークショップは、既存のビットコイン改善提案(BIP)プロセスを円滑にすることを目的としています。多くの作業は、その後にワークショップの外で行われます。このワークショップは、様々な視点、研究、シミュレーション、提案に対する意識を高めることで、ビットコインの技術とソフトウエアの設計とレビュープロセスに対する付加要素として機能します。
  • 行程、会場の詳細、宿泊のお勧めは以下の通りです。
  • 下記のよくある質問のセクションをご覧ください。このセクションでは他にも多くの質問に回答しています。

日程

注意事項:
印刷

December 5th
18:00
(120 min )
Opening party

12月6日

イントロダクション

09:00
(5 min )
イベントの紹介

概要

09:05
(25 min )
BIP99と議論を引き起こさないハードフォーク
プレゼンター:
Jorge Timon
09:30
(25 min )
代替可能性とスケーラビリティ
プレゼンター:
Adam Back
09:55
(25 min )
ビットコインのスケーラビリティその他のためのゼロ知識証明
プレゼンター:
Madars Virza
10:20
(20 min )
休憩

セキュリティとインセンティブ

10:40
(25 min )
セキュリティ前提
プレゼンター:
Andrew Poelstra
11:05
(25 min )
敵対的環境では、ブロックチェーンはスケーリングしない
プレゼンター:
Peter Todd
11:30
(25 min )
マイナーが個別に小さいブロックを生産することを希望しない理由
プレゼンター:
Jonathan Bier
11:55
(20 min )
休憩

ブロック伝搬

12:15
(25 min )
IBLTとウィークブロック伝搬性能
プレゼンター:
Kalle Rosenbaum and Rusty Russell
12:40
(25 min )
ビットコインでブロックとトランザクションの配信を改ざんする
プレゼンター:
Arthur Gervais
13:05
(25 min )
テストネットからのBIP101ブロック伝搬データ
プレゼンター:
Jonathan Toomim
13:30
(90 min )
昼食

マイナーのパネル

15:00
(90 min )
マイナーのパネル
プレゼンター:
Xiang Fu, Marshall Long, Gang Wu, Wang Chun, Robin Yao, William Tang, and Mikael Wang (moderator)
16:30
(20 min )
休憩

作業中

16:50
(60 min )
作業中
17:50
(70 min )
休憩
19:00
(120 min )
Reception

12月7日

オープン

09:00
(5 min )
開会

レイヤー2など

09:05
(25 min )
Segregated Witnessとスケーラビリティへの影響
プレゼンター:
Pieter Wuille
09:30
(25 min )
ライトニングに必要なBIPの概要
プレゼンター:
Tadge Dryja
09:55
(25 min )
分散型オフチェーンネットワークにおけるネットワークトポロジとそのスケーラビリティの影響
プレゼンター:
Joseph Poon
10:20
(20 min )
休憩

チェーンを解消する

10:40
(25 min )
ブロックチェーンの編成
プレゼンター:
Bob McElrath
11:05
(25 min )
ブロックチェーン・プロトコルのチェーンを解消する
プレゼンター:
Yonatan Sompolinsky
11:30
(25 min )
SCP:コンピューター的にスケーリング可能なビザンチン・コンセンサスプロトコル
プレゼンター:
Loi Luu
11:55
(15 min )
休憩

チェーンを改良する

12:10
(35 min )
ブロックサイズ案:100、102、それ以上。
プレゼンター:
Jeff Garzik
12:45
(25 min )
柔軟な制限:より大きなブロックのための取引補助金
プレゼンター:
Mark Friedenbach
13:10
(25 min )
検証コストメトリック
プレゼンター:
Jonas Nick
13:35
(85 min )
昼食

ディスカッショングループ

15:00
(180 min )
ディスカッショングループ
18:00
(60 min )
ディスカッショングループを終え、次のステップに進み、終了する
19:00
Reception


独立開発者会合(12月 8日~9日)

Cory Fieldsはスケーリングビットコイン会議後の2日間に開催される独立開発者会合を組織しています。参加促進のため、このワークショップは同じ会場のサイバーポートで開催されます。注意点:この会合はスケーリングビットコインとは関係なく、開発者と技術者限定です。参考のためここに表示します。会合の情報は下記で確認できますbitcoin-dev メーリングリスト告知

12月8日
09:00
(900 min )
デベロッパー会合
00:00
閉会
12月9日
00:00
(900 min )
デベロッパー会合
15:00
閉会

遠隔参加

ライブ放送は12月6日日曜日の以下の時間に開始します:
09:00 HKT
01:00 UTC
02:00 CET
20:00 EST
15:00 PST
10:00 JST
公式のライブ配信フィードは、次のプロバイダから入手できます。
  • YouTube: :
  • UStream: :
YouTubeの代替フィード(Bitcoin Association of Hong Kongによる設定):
  • YouTube(1日目/午前): :
  • YouTube(1日目/午後): :
  • YouTube(2日目/午前): :
  • YouTube(2日目/午後): :
中国での視聴向けライブビデオフィード:

ロケーション

>
Hong Kong Cyberport
Function Rooms, 3/F., Core E, Cyberport 3
100 Cyberport Road, Hong Kong

Tel: (852) 3166 3800
Fax: (852) 3166 3118

会議への参加登録

We are sorry, but the event has been sold out.
 
You will still be able to participate via the live stream, IRC, and Twitter.
Due to space limitations, we will not be able to admit anyone at the door.

よくある質問

  • What does it cost?

    To encourage continuity of ongoing discussions, all Phase 1 participants are invited to Phase 2 in Hong Kong at $150 USD (same as for Montreal). From November 7th, tickets may be available at $300 USD/ticket -- subject to availability.

  • 渡航ビザのための書類が必要です

    (Info: http://www.immd.gov.hk/eng/services/visas/visit-transit/visit-visa-entry-permit.html) You are responsible for figuring out your own personal visa requirements to enter the Hong Kong, SAR, China. If you need a letter of invitation, then please correspond with sindykwan at cyberport dot hk (please include your name as in your passport, title and correspondence address).

  • 行くことができないが、参加したい!

    イベントはライブ配信されるので、IRCを介して参加することができます。簡単に直接参加できますが、イベントの参加者全員が自分の前に机を用意し、ライブ配信を視聴している世界中の参加者とのオンラインディスカッションに参加することが奨励されます。何らかの決定を下すことを目的としたワークショップではないことを理解することも重要です。 (以下参照)

  • プレゼンテーションはどのように行われますか?

    提案はproposals@scalingbitcoin.org(上記の"技術提案の募集"の項を参照を参照)に提出することができます。研究に取り組んでいる方は、論文、シミュレーション結果、ソースコードなどの研究結果をbitcoin-devディスカッションリストに投稿することをお勧めします。受理されたプレゼンテーションの量に応じて、ワークショップは発表者ごとに必要な時間を割り当てます。複数の人で実質的に案が重複する場合には、まとめることを提案することがあります。優れたプレゼンテーションプランをお持ちで、提案文書の中で詳細な概要を提供できる場合には、論文形式の文書を提出する必要はありません。

  • Why Hong Kong?

    The second workshop is being planned for Hong Kong to make it easier for the Chinese miners to attend.

  • ワークショップで何か決定されますか?

    ワークショップでは決して何かが決定されることはありません。これは、性急に進めることで直接出席することができない世界中のコミュニティに不公平になる危険性があるためです。このワークショップは、問題と提案の認識を高め、共通の根拠を見つけ、ビットコイン改善提案プロセスを通じて既存の技術進歩の仕組みの中で公開討議を促進することが目的です。

  • ディベートが交わされることがありますか?

    おそらくディベートはなく、ワークショップの主催者および参加者は、ストレスが少なく対立的にならないようにイベントを進めます。ワークショップの目的は、ビットコインのスケーラビリティを改善させる方法について全体的な理解を向上させるために、さまざまな視点を紹介し、柔軟性を促進することです。直接のディベートは、せっかくシンプルな立場を固めつつあるビットコインの未来を、政治的立場を得るという意図のもと、あまりにも簡単に傷つける可能性があります。グローバルコミュニティが介入する時間をとって技術研究を慎重に検討するのではなく、一回のイベントでのスムーズな会話にビットコインの将来の安全とセキュリティを委ねるのは理不尽です。

  • このワークショップでビットコインプロジェクトのガバナンスについて話し合うことはできますか?

    These first two workshops in Montreal and Hong Kong are focused on raising technical awareness of scalability issues, simulations and proposals to improve scalability. For now the participants want this to be entirely focused on the science and engineering, which is how Open Source Software development has proven to deliver excellence.

  • 今後のワークショップの予定は? BIPについては?

    Some have proposed the workshops become regular events for working on technical issues, after the second currently in planning for Hong Kong. For example, a third workshop has been proposed to be held at MIT’s campus or in New York City. Some have also proposed that we write a BIP on how to organize workshops. These workshops are a work in progress; we will make some mistakes and learn how to do it better the next time. For now, let’s make the first two workshops a success, as that will inform how to define their organization in a written BIP and how to conduct further productive workshops. If you’re interested in discussing future workshops, please join the bitcoin-workshops discussion list.

  • Travelling to Hong Kong first time?

    Bitcoin Association of Hong Kong was kind enough to create travel packs that contain various essential items you may need during your travel (SIM card, power adaptor, transport payment card): https://www.bitcoinhk.org/2015-be-prepared-for-scaling-bitcoin/

  • What social events are planned for Hong Kong?

    次の3つのソーシャルイベントがあります:

    • Opening Party (Saturday 5th December): A very casual and informal opening party will be held at Liberty Exchange from 8-10pm. Some finger foods will be served for 2 hours but you'll need to pay for your own drinks. After 10pm, there will be a walking tour of Lan Kwai Fong.

    • Reception (Sunday 6th December): At 7pm buses have been arranged to take us from Cyberport to The Hooray Bar and Grill in time for the Symphony of Lights show. There will be unlimited food and drinks for two hours from from 7.30pm-9.30pm.

    • Closing Reception (Monday, 7th December): From 7pm, unlimited food and drinks will be served for two hours at the end of the conference at Cyberport.

  • 食事にはベジタリアンやグルテンフリーのオプションがありますか?

    はい。

  • これらのソーシャルイベントでは車椅子の利用が可能ですか?

    Yes, all venues have been audited and are wheel-chair friendly. Additional transportation arrangements can be made via http://syncab.com.hk/tc/ Please email contact@scalingbitcoin.org if we can be of any assistance.

  • How do you translate Bitcoin terminology to Chinese?

    Bitcoin terminology is available at: http://scalingbitcoin.org/technical-terms

Online Resources

このサイトについて

スケーリングビットコインプランニング委員会

  • Pindar Wong, VeriFi (Hong Kong) Ltd. (Chair)
  • Anton Yemelyanov, ASPECTRON Inc. (Website)
  • Nelly Milanova, ASPECTRON Inc. (Administration)
  • Alex Morcos, Chaincode Labs
  • Neha Narula, MIT DCI (Program Chair)
  • Eric Martindale, Blockstream
  • Warren Togami, Blockstream
  • Elizabeth Stark, Lightning
  • Victoria van Eyk, Changetip
  • Leonhard Weese, Bitcoin Association of Hong Kong
  • Larry Salibra, Bitcoin Association of Hong Kong
  • Samson Mow, BTCC
  • Marshall Long, FinalHash
  • Matthew Roszak, Tally Capital
  • Adam Ludwin, Chain.com
  • Shawn O’Connor, Kraken